徒然w

文系大学生の日々思った事や考えた事の整理

ちょっと想像するだけで、人とのコミュニケーションや接し方は変わるかもという話

なんとなく気づいた事があるのでメモがてら。

 

 

最近兄にお子様が生まれ、23歳にしておじさんになった。姉も婚約し、来年に式を挙げる事になったらしい。それをきっかけに自分も結婚だとか子供だとかそういう事を考えるようになった。

 

 

自分は何歳くらいに結婚するかなぁ。子供できるかなぁ。あ、俺もパパになるのかもしれないのかぁ。そもそも結婚できるかなぁ。と妄想をめぐらしていた。

 

それで、ふと「あ、そうか。どんな人もみな誰かの子供なのか」という事にふわっと気づいた。ほんと、ふわっと。

 

自分にも親がいる。もちろん。大学に入って一人暮らしするまでは、「親のすごさはうんたらかんたら」みたいな話はすごい嫌いだった。なんか説教くさくて。

それまで、ご飯やら洗濯やらやってくれる事が当然だと思っていたのだが、それら全て自分でやらねばならず「母ちゃん今までありがとう」という気持ちはなんとなく抱いていた。しかし、やってみれば案外できるものなので「こんなもんか」という気持ちもない事はなかった。

 

ただ、ここ一年で就活を経て、社会人になる、だとか仕事をする、という事が身近になり「週5で働きながら子供も育てるってすげぇ。。」という風に素直に親に対して尊敬の念をおぼえた。しかもうちは3人兄弟で全員私立だとか美大だとか、国立に比べたら学費も高いところに奨学金も借りずに通わせてくれたので純粋にありがとう。これから親孝行しまする。という気持ちである。

 

 

それで冒頭の話に戻るのだが、同じ大学に通っている人だとか今まで会ってきた人達、なんなら普段道ですれ違う人とかコンビニの店員さんもみな、そういう風に親に育てられてきたんだなぁ、と思った。

 

すると、なんだか途端に申し訳ない気持ちになってきたのである。

 

 

 

というのも、今まで完全に自分を主人公だと考えて生きてきたからである。うまく説明するのは難しいのだが、まるで自分だけがゲームの主人公でその他の人は村人AとかBとかその他大勢という捉え方をしていた。もちろん身近度によって主要キャラの人とかも当然いるのだが、主人公は私。故に人との接し方や扱いが適当だったなぁと思う。

 

 

親に大事に育てられてきたその人の事を、自分ももっと考えてあげられたらよかったなぁとしみじみ思う。今まで関係性が近かった人とかは特に。

 

 

男友達と話していると、自然とあの子がかわいい、あの子とやりてぇ、というはないちもんめ状態になってしまうのだが、もし自分に娘ができて、そういった視線にさらされると思うと、なんか気持ち悪くてしょうがない。

 

 

満員電車に乗っている時にあからさまに不機嫌そうな顔をしているおっさんを見るとこっちまでなんかイラっとしてしまうが、その人も誰かに育てられたおっさんなのだ。普段なんでも屋さんだと思いがちなコンビニの店員さんとか居酒屋の店員さんも。

 

 

そういう事をちょっと思って、人との関わりかたを改めようとふと思ったとです。

 

 

 

世界が平和になりますように笑