徒然w

文系大学生の日々思った事や考えた事の整理

映画が身近に感じるこの頃

最近夏休みに入って超ヒマなので1日の14時間くらいを寝て過ごしているのですが、余った残りの時間何しようか、、、という事がよくあります。

 

だいたいヒカキンの動画か弟者の実況を見てだらだら過ごしているのですが、だいたい見尽くしてしまいました。(どんだけ時間を使っているんだ)

 

ほんでひまだなーと思ってネットサーフィンしたりエロ動画をみたりしている事がしばしばなのですが、このままじゃだめだ!もう少し文化的な生活がしたい!と思った時にちょうどいいのがAmazonのプライムビデオだったりするんですな。

 

最近、というか結構前からですが、huluとかNetFlixとかのストリーミング系の動画サービスが流行ってから映画がすごく身近になったなぁと感じます。

 

今まではヒマすぎて散歩してる途中にTSUTAYAに入って「そういえばこの映画みたかったんだー」と思ってレンタルして、みたいな感じだったのですがストリーミング系のサイトにいって、適当に選んでぽちっとすれば再生が始まるのですごく楽チンだなぁと。

 

外行く必要もDVD返しに行く必要もないし月額だからいっぱい観るほどお得だし、昔に比べて映画を観る数が圧倒的に増えたなぁと思います。レンタルしてまで、、という感じの古典作品とかクソくだらなそうなB級映画も割とあるので結構暇つぶしにとってもいい。そういう映画に詳しいほどなんか頭良さそうな感じでるし笑

 

別に頭良さそうに見せたいから観てるわけではないですが(その側面もなきにしもあらずだが)人生が少し豊かになった気がしています。

 

これで別にどうというわけではないですが、夏休みで干からびる寸前のヒマな大学生は色々と観てみる事をおすすめするどん。